Free HTML5 Bootstrap Template
Free HTML5 Bootstrap Template

「佐貴子 38歳 ナース」

午後10時15分。電話が鳴ると、私はすぐに受話器を取り上げた。 「すごいね佐貴ちゃん、すぐに電話に出た」 恋人の亮が、受話器の向こうで感嘆の声をあげた。 「だって、この時間に電話くれるって言ってたでしょ」

続きを読む

Free HTML5 Bootstrap Template
Free HTML5 Bootstrap Template

「ミサキ 28歳 派遣」

同じ職場にいるミサキと大樹は、 付き合っていることを人に知られないよう、 細心の注意を払っていた。 なぜなら、勤める会社には、 「社内恋愛禁止令」があるから…。

続きを読む

Free HTML5 Bootstrap Template
Free HTML5 Bootstrap Template

「美歩 35歳」

ピンポーンと呼び鈴の音がして、 美歩がインターフォンを取り上げると、 「あさって入荷予定の【新・美術館】の新刊持ってきたよ。 しかし、重たかったな」 学術書や美術書を専門にする出版社の、 企画部長を務める恋人の慶治が突然やってきた。

続きを読む

Free HTML5 Bootstrap Template
Free HTML5 Bootstrap Template

「理紗子 34歳」

「どうしたの? めずらしく長湯だったわね?」 「考えちゃったんですよ。どうすればあなたを オレだけの女(ヒト)にできるのかって」 「あら、今は信ちゃんだけのわたしよ、二股なんてかけないわよ?」 「そうじゃなくて……」 ああ、もう! と、じれったげに信一郎は頭をガシガシかいた。

続きを読む

Free HTML5 Bootstrap Template
Free HTML5 Bootstrap Template

「夏美 24歳」

すごく好きだから、私、彼のこともっともっと大事にして、 彼の望むような女性になりたい―― そう言ったら、悟ったら、「ありのままの君が好きだ」ですって。 私、天にも上る気持ちになったのよ。

続きを読む

Free HTML5 Bootstrap Template
Free HTML5 Bootstrap Template

曜子 33歳

かつては、愛する人のすべてが知りたかった。 愛する人への好奇心は湧水のように次から次へと溢れ、 永遠に枯れることはないと思っていた。 そして孝則の側で7年が過ぎ、 その後夫婦となって3年が過ぎようとしている。 出会ってからおよそ10年。

続きを読む